Xデザイン学校2018年秋の海外研修旅行@深圳

11/23〜25の間、Xデザイン学校2018年秋の海外研修旅行@深圳に参加し深セン、香港、マカオへ。詳細は後日、まずは簡単な振り返りを。

短期間ではあるが、街をみたり、講師の澤田さんのお話を伺ったりして、日本、というか世界のどの都市も深センと同じことはできないと感じた。

すでに実現している状態を見てしまうと「普通に考えたらそれがいいよね」と思うような事が多いが、それらの多くは日本では諸事情で実現できない、といったことだと思う。ここは苦しい。
ただ、未来のユーザー体験が生まれている(そして死んでいる)街であることは間違いない。
そこから学べることは多いと思う。

深センだけでなく、香港、マカオに同時に行ったのも良かった。
そのコントラストから感じることもある。

深センのお土産話を聞いても多分あまり意味がない。「要はこういうことなんだよ」と説明できるものでもないし、できても次の日には変わっていそう。

主催頂いた浅野先生、コーディネートいただいた佐藤さん、講師の澤田さん、ありがとうございました。
また行きたい。

はじめてのwechatpayでのお買い物。おねえさんがテンション高く教えてくれました。ここは相手QRをスキャンして送金するパターン。個人商店はたいがいこれ。

夜の老街。買い物してるのは若者ばかり。みんなホワイトカラーだそうです。

澤田さんによる講義。

モバイルバッテリーのレンタル。借りた場所以外でも返せる。

F5未来商店。ロボットが作ってくれるみたいなイメージだがインスタント食品だった。
裏でおっさんがオペレーションしてるかどうかは不明w


電車のきっぷもwechatpayで買える、が、これは全然便利じゃない。現地の人はアプリかカードで載ってるっぽい。


恵文社みたいな本屋。ジャズレコードが充実してた。


フリマっぽい。クリエイターごとに工夫されたQRコードを作ってる。


ここはSANYOとの合弁会社の工場跡地。


イルミネーションを見に少年宮駅へ移動。深セン書城はもっとちゃんと見ればよかった。他の方の写真をみて後悔。


改革開放40周年のイルミネーション。すんげー。改革開放バンザイってなるわなー。


晩ごはんはみんなで火鍋。アプリで順番待ちの札を取れる。自分の順番に間に合わないと到着から3番目に回される仕組み。この店独自のサービスではない(はず)。待合室にはお菓子と無料のネイルサービスが。


最終日はひとりで深センをぶらり。とんでもなくデカイというか重量感のあるビルとオブジェ。証券取引所。この建物が一番インパクトあったなぁ。。


アリババのスーパー。「盒馬(フーマー)鮮生」。ここが一番インパクトあったかなぁ。


んで、高速艇に乗り込みマカオへ。雨のマカオは人多すぎ歩道狭すぎでカオス。


単純比較できるものではないけど、さっきまでいたフーマーとの違いがすごい。

香港のショッピングセンターのイルミネーション。ジャンプするとイルミネーションが反応する。楽しい。

時間が前後するけど、老街ではこういう串焼きみたいなのを食べてる人が多かった。30串ってことは何人かでシェアするんだろうね。

 

Xiaomiの旗艦店。このあたりはちょっとお金持ってる人が歩いている雰囲気。

 

深セン大学から見たやたら高いビル。なんのビルか未だにわからない。この辺をあるきながら澤田さんから聞いたお話が一番おもしろかったかも。

 

深センは電気自動車が多い。緑のナンバーが電気自動車。手前に写ってる3台はすべて電気自動車じゃなかろうか。 ガソリン車と電動車で年間に発行されるナンバーの発行枚数が異なるらしく、すぐ乗りたいなら電動車、、みたいなコントロールをしてるらしい。 充電ステーションに関しても発想がすごい。ショッピングセンターの横に高出力の充電ステーションを数百台まとめて作ってしまう。変電所もその横に作るらしいw
大阪で活動しているフリーランスのWEBディレクター。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です