FACTFULNESS 少子化について

3割くらい読了。
人口問題について書かれた節を読んで、日本の少子化問題について、これまで自分が疑問におもっていた事を解消してくれた。

それと同じタイミングで、女性ひとりあたりの子供の数も減った。極度の貧困から抜け出した数十億の人々は、子供をたくさんつくる必要がなくなった。もう、家庭の小さな農場で、たくさんの子供を働かせなくてもいい。もう、病気で亡くなる子供の分だけ、多めに子供をつくらなくていい。女性も男性も教育を受けるようになると、子供には貧しい思いをさせたくない、もっと良い教育を受けさせたいと考えるようになる。手っ取り早いのは、子供の数を減らすことだ。
ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド. FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.1209-1214). Kindle 版.

そういえば以前読んだ「ベーシックインカム」に、昔は子供というのは労働力であり老後の保障でありつまりは資産であったが(もちろん愛情の対象でもあっただろう)、年金や社会保障制度が整備されると、子供の資産性は薄れ、純粋に愛情を注ぐ対象になってきている、というような事が書いてあった(気がする)。

少子化の話になると「こどもを大切にしない社会だから、こどもを作ろうとしない」「保育園が・・・」といったことを問題にして論ずる事が多いように感じるのだけど、大前提のとしてこういう事実があることはみんあ意識したほうが良いんじゃないかなと思う。

してるようなしてないような日本の少子化対策。子供を増やすことよりも、少なくなった子供に教育リソースを集中する、といった事を考えていったほうが良いのではないかと思った。
「労働力」という観点でみると、ものすごく頑張って数を増やす意味はどれくらいあるんだろうか?と考えてしまう。(選択と集中をすべき、と考えているわけではない。)

当然、「子供が欲しい」という気持ちに応える社会というのは、それとはまた別の次元で非常ーに大切なことだ。

ただ、単に「増やす」という観点では、色々考えることが多いんじゃないかと思った。

大阪で活動しているフリーランスのWEBディレクター。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です