Xデザイン学校 6回目 ユーザー情報の可視化

前回の2DAYSで燃え尽きたのか、今回はなんとなく楽しいムードで展開。
そういう時はやはり落とし穴、、というか何かの沼にハマっていると考えて間違いない。インタビュイーとして喋り疲れたのはあったのですが、正直これまでの講義のなかで一番アタマの疲れが少ない回だった。
つまり、、あまりモノを考えてなかった、、、第六回の振り返りです。

目的を理解していないから、ルールにこだわる。

結論としては「これはインタビューもう一回やらないとダメかもわからんね」でした。

ブログを書く前に講義の資料を見返したのだけど、『「あなたにとっての豊かな生活とは?」を深く聞く』って書いてるやーん笑
全然できてないやーん笑

しかし毎度毎度なぜ同じような間違いをしてしまうのか。
やはり兎にも角にもゴールが見えてないから、調査の目的を理解しきっていないからではなかろうか。
だから、スライドやシートに書かれたことをなぞることを考えてしまう。拠り所にしてしまう。

インタビュアー以外は質問してはいけないというルールはあるけども「あれ、これもっとこういうこと聞かないといけなんじゃね??」みたいなコミュニケーションはあっても良かったんだろうと思っている。
真面目に取り組んでいるからこそ起こってしまうことかもだけど、この辺りはUXの話とは別でチーム内で最後までになんとかしたいポイントだなぁ。

なお、僕自身についてはインタビュイーになりきる事ばかり考えていたのと、しゃべるのが楽しくなってしまった(おっさんの証)が致命的でした。

「豊かな生活」って、 一体なにかね?

もうひとつ、「豊かな生活」がどんなものなのか、我々は答えをもっておらず、それを明らかにするために色々な技法を駆使ししているのだということに、いまさらながらに気づいた。(当たり前すぎて恥ずかしいが・・・)

京都でフィールドワークをしたが、京都の豊かさが一般的なくらしに適用できるか、といえばできない。だから概念化して、汎用性のあるUXパターンに落とし込んだのが前回。

ペルソナ/シナリオ法も同じで、今回のインタビュイーだった僕の趣味嗜好が、そのまま一般化できるか?といえばできるわけがない。(できればそうあってほしいけどw)
だから深く聞いて聞いて掘りまくって、僕自身が気づいていないような「本質的な欲求」を導き出さねばならなかった。

書いてみる「当たり前やん」って内容だけど、自分で気づけたのはわりと良いことなんでは無いかと思ってる笑

山歩きで感じた「豊かな生活」

話は変わって、、先週末は曽爾高原の倶留尊山に登ってきました。

倶留尊山はそこそこの険しさで山登り感があるのだけど、ふもとのお亀池周辺はゆるやかな勾配とすすき野原の景観が素晴らしく、家族連れやカップルで賑わっていた。

軽装で気張らずピクニックをしている家族連れをみると、キャンプやグランピングのようなアウトドアとはまた違う豊かさを感じた。

特にピクニックをしている家族の多くが少人数だったことも印象に残っている。(靭公園や難波宮でのピクニックってグループが目立つイメージがあったので、それと対象的だ。)

山を登っていてもそんなことを考えずにはいられないのは、少しは身体化しているってことだろうか。

まーとりあえずはインタビューのリトライかなぁ。。

Xデザイン学校 3回目 ビジネスインタビュー

7月21日(土)に行われた第三回の振り返り。今回も多くの学びを得ることができた。
今回は残念ながらあまり良いアウトプットに至らなかったが、講義中にみえてきた改善策もあったのでそのあたりを中心に残しておきたい。と、、まぁ、やっぱりうまくいかなかったときは、ナカナカ筆がすすまないわけですが(笑)強く当たってあとは流れということで、エイヤで書いてしまおう!!

今回行った事は、簡単にまとめると下記のような感じだ!!

  1. 実際の工務店経営者の方に対して、浅野先生がインタビューを行う。
  2. インタビューの聞き取りをもとに工務店の現状をビジネスモデル・キャンバスにまとめる。
  3. 同じ工務店の5年後のビジネスモデルについてチームでブレスト、ビジネスモデル・キャンバスにまとめ。
  4. ステークホルダーとの関係やお金の流れをCVCAの形にまとめる。

よくなかった点

インタビュー前に、浅野先生からゲーム・チェンジに関してくどいくらいに説明があったにもかかわらず、ゲーム・チェンジをしているとはいえない、現状に対する足し算の提案となってしまい、残念ながらノーマネーでフィニッシュ。うーん消化不良!

Xデザイン学校 2回目 オブザベーション

5月より参加しているXデザイン学校。
6月23日(土)に行われた第二回の振り返り。今回も多くの学びを得ることができた。

まず、今回の講義で最大の収穫は
「本質的なニーズを発見できれば、解決のアイデア(具体策)は思ったより簡単に見つかる」
ということを、ワークショップを通じて体感できたことだった。これはわりとシビれた。
「解決策が見えないのは、問題が見えてないから」と言い換えても良いかもしれないが、こういうことを実際に体感できて本当に良かったと思う。

が、大切なのは、今後テーマやメンバーが変わってもこれ再現できるか、だ。

Xデザイン学校 1回目 ブートキャンプ

2018年5月26日、Xデザイン学校の第一回目に行ってきました。
気づけば数日経っていて、ほとんど忘れてしまっている・・・。
とりあえず印象に残っている事、感じたこと、のメモ。

  • WEBの人が少ない。広告の人が少ない。
  • 課題設定大事。リフレーミングするにしても、どこを反転させるのかで結果が大きく変わる。
  • 「最悪な旅」について考えるのであれば「本当に最悪な事とはなにか」を考える。「ちょっと悪いこと」を盛ってはいけない。
  • 人に伝えるためには構造化すべし。
  • ブログはすぐに書かねばいけない(次回は必ず)。

これから1年くらい学ぶのだけど、それによって得られるものを今のお仕事に直接活かせるかっていうと、わりと限定的だと思う。
まずはUXデザインって何ってことを言語化できること、プロセスをお手伝いできるレベルを目指す。
1年後どうなっているか。楽しみ。

ハリル解任問題に思う仕事での「ダメ出し」について

ハリル解任が発表されたのが4/9だったか、かれこれ1ヶ月。
毎日いろいろな記事を見ながらいろいろなことを考えている。
せっかくブログ始めたし、ひとつくらいは残しておこうと思い書く。

わりと時間が経ってから出てきたこともあり、中西哲生さんのコラムは整理されていて、元サッカー選手のなかではちゃんと協会も批判しつつ、ハリルの限界にも触れておりバランスがとれていると思う。

ハリル氏と矛盾、協会に説明義務あり:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL5136T6L51UTQP00F.html

ここにも書かれている通り、ハリル問題のポイントのひとつは、協会がクビを賭けた「解任デスマッチ」の設定や「おいハリル、ヤバイぞ」っていうアラートを出さずに「選手との信頼関係が多少薄れてきた」っていうフワッとした理由で突如クビにしたことだと思っている。
協会としてはハリルが受け付けなかった、という言い分もあるかもやけど、結果的に伝えられなかったことは組織として失敗であることは変わらんし、批判されて然るべきだし、僕もめちゃくちゃ怒っている。

とはいえ、自分の周りで考えた時に「お前のここがダメ、次やったらクビね」っていうストレートなコミュニケーションってないよな、って思ったりもする。
単なるダメ出しも、ストレートなのは滅多にない。
さらに年をとればとるほど減っていく。
そして静かに仕事が減る。

わりとこの社会の風土みたいなところもあるだろうから、自分を客観視して良い意味で忖度していく必要はあると思うし、だからこそ40近いオッサンに直球でダメ出ししてくれるパートナーやお客さんの存在というのは大切にしたいと思う。

と、まぁ「もっと僕を叱って」みたいなドM宣言のような雰囲気を出しつつこの投稿は終わりです。