センスメイキング――本当に重要なものを見極める力

思ってたんとちょっと違っていたけど、読んで良かった。

途中、デザイン思考をこき下ろすパートがあるのだけどそこがめっちゃ面白いwそしてわりと同意。
デザイン思考にしろUXDにしろ正しい(とされる)手順で物事を考えれば良いアイデアやサービスが射出成形されるわけではもちろんなく。
正しい(とされる)手順は不安を払拭してくれるけど、それだけでは核心には迫れないということが、この本を読むとよく分かって勉強になった。というか今日び「手法」を身につければ誰でも良い結果を生める、ってものがどんどん減っている。
“センスメイキング――本当に重要なものを見極める力” の続きを読む

Xデザイン学校 マスターコース 2回目 事業コンセプトの立案

事業コンセプトの立案はちゃんとできなかったが、次回以降進めていくための道筋は見えてきたように思える。

そのサービスが最終的に実現する世界をイメージする

冒頭の講義にて佐藤先生よりお話が。事業コンセプトの立案に際してはサービス開始時だけでなく、サービスが発展したときの画をイメージすべし、とのこと。

テンセントが2014年に作成した、QRコード決済を開始した際のムービーでは、単にキャッシュレスで支払いができるだけでなく、サービスの入口から出口まですべてにWeChatが介在するとこまで想定していた。

立ち上げるサービスで課題が解決されることによって、人々の意識・行動がどう変わるか、そこに対してサービスをどう拡張するか。そこまでイメージしないといけない。

特に今回お題をいただいているのは新規市場に対する新サービスの立案なので、、確かにそこまで考えないと意味がないと、、改めて大変なチャレンジだと感じた。

最終発表時に同じような動画を添えるよう指示があったが、テンセントのムービーはWeChatPayによってどんな世界が実現するのか、どう嬉しいのかが表現されていて非常に参考になる。(とはいえ、QRコードによるテーブル会計ができてなにがそんなに嬉しいのか、、、4年前にこの動画をみて自分が理解できたかとうかというと・・微妙) “Xデザイン学校 マスターコース 2回目 事業コンセプトの立案” の続きを読む