「意思決定」をテーマに、オンラインワークショップをやってみた

4/29(水)にXデザイン学校の有志で、オンラインのワークショップを実施しました。
自主的な学びの場があったほうが良いよなーと思っていたこと、コロナ禍でXデザイン学校の開講も先になりそうなこともあるので、なにかやりませんか?とマスターコースの方々を中心に声がけをしたのですが、快く応じてくれて開催することができました。

準備は思ったより大変でしたが、やってみてよかったです。
自分たちで課題を設定して、解決先を模索するのは得るものが大きいですね。
以下、実施してわかったことや、今後の課題をまとめます。

先に結論を書いてしまうと、わかったことは
最終的に決定者が意思決定をするとしても、そこまでのプロセスが大事だよね。
あと判断軸の明確化は重要。そのためにはそもそも「何が課題なのか?」を明確にする必要があるよね。有意義だったからまたやりましょう、といったことでした。

では、以下ご笑覧くださいませ。

やったこと

テーマは先日の振り返り会で各チームから上がっていた「チームの意思決定」としました。アイデアはたくさんでるけど、どのアイデアで進めるか決定できない、といった悩みです。
それを解決する方法として、デザインスプリントの「決定」フェイズのやりかたを試し、どの程度有効か、今後の活動に活かせそうかの議論を行いました。
デザインスプリントの「決定」は、意図的に議論を避け、合議ではなく「決定者」役の判断で採用するアイデアを決める、といった特徴があります。
あーだこーだ議論することにエネルギーを使うより、さっさと決めてプロトタイプ作って評価しようぜ!という考えかたに賛否はありますが非常に合理的です。

Design Sprint 概要 / デザインスプリント概要https://www.slideshare.net/takaumada/design-sprint

Xデザイン学校でも「リーダーを決めてどんどんすすめなさい。極端な話リーダーはだれでもいいし優秀である必要はない。決める役。現実世界でもそうでしょ?w」的なアドヴァイスはあったのでそれを実際に試してみた格好です。

具体的には、ウィズコロナ/アフターコロナ時代の自動車産業のあり方を検討課題とし、デザインスプリントの「理解」「発散」「決定」のプロセスを参考にしたワークショップを実施しました。
なお、利用したツールはzoom、miro、A4の紙とペンです。

1. 課題の理解

運営からウィズ/アフターコロナの基本的なインプットをしたあとに、各チームでウィズ/アフターコロナ時代の自動車産業に状況を整理。ステークホルダーやチャンスや危機を洗い出してもらいます。

この辺のワークに慣れた参加者が多かったので基本この時間は放置。ただし「こういうときって変化によって起こるネガティブな事ばかり挙がってしまうことが多いよねー」という指摘があったので、ポジティブな事も上げていこうねという仕掛けだけはしている。

2. アイデアのスケッチ

課題の整理ができたら、15分ほど各自でアイデアシートにまとめる時間をつくり、その後クレイジー8で発散。最終的にはストーリーボードにまとめてもらいました。この時間は各自で紙とペンを使った個人作業。オンラインワークショップでもこういった作業は無理にデジタル化せず、従来どおりの紙とペンを使うほうが良いですね。

3. ソリューションの決定

各自のストーリーボードにを、miroに貼りつけて、今回のキモである「決定」フェイズがスタート。

まずは、みんなのアイデアを見て、良いなとおもった箇所にシールを貼ったり疑問点を付箋にかきとめる「ギャラリーウォーク」。
参加者がどこに注目しているかを一目瞭然にすることで、次のレビューの時間を効率よく進める下地をつくります。しゃべらず静かに行います。

次にそれぞれの各自のストーリーボード3分間づつで評価する「スピード品評」。
進行役がストーリーボードを見ながら、サービス全体の流れをナレーション。注目があつまった部分や質問事項を整理し、最後にストーリーボードの作者が名乗りをあげて、補足をします。が、その時点で残り時間は15秒くらいしか残されていないので、自分のアイデアをプレゼンする時間はほぼゼロです。

こうやって各アイデアの理解をしたあとに、参加者により模擬投票を経て、最後に決定者によりどのアイデアを採用するかを決定します。

水色のシールがギャラリーウォークではられたシール。アイデアの注目されている部分がどこか、そうでもない部分がどこかが一目瞭然となる。

わかったこと

最終的に決定者が意思決定をするとしても、そこまでのプロセスが大事。

あらかじめ「決定者=決定する役割の人」を定め、方向性を素早く決めるというプロセス自体はとても好評でした。また、納得感も高かったようです。
その納得感の源泉としては全員のアイデアがしっかりとテーブルに乗って公平に評価されていることが挙げられていました。
プレゼンが上手な人やよく喋る人の意見が目立ってしまうことがありますが、そうでなく全員のアイデアが横並びでちゃんと評価されていることが納得感を増していたようです。発案者の印象や声の大小に関わらずアイデアを評価するのは、立場の異なる人たちが協働するにあたってとても大事なことだと思うので、こういったリアクションがあったのは個人的にはかなり収穫でした。
※なお自分のアイデアは自分でしか守れないということもあると思いますが、それはそれこれはこれかなと思っています。

評価指標の明確化は重要。そのためには「何が課題なのか?」を明確にする必要がある。

課題設定の解像度が低かったのは今回の一番の反省点でした。
元々決定のプロセスにフォーカスをあて始めたものなので、仕方がない部分はあったのですが、少なくとも事前に何について考えるかは共有し当日も運営から適切なインプットをすべきだったなと反省しています。

検討対象が広範であいまいなものだったため、アイデアが全体的に似通ったものになってしまったように思えます。決定のタイミングで「あれ?何を基準に判断したものか?」と一瞬戸惑ってしまうといったことが起きました。

なにをもって「良い解決法」とするかを明確にするのは、決定の納得感をつくるためのポイントだと思うのですが、そのために「何が課題なのか?」を明確にするかが重要であることに気付かされました

デザインスプリントでは、一番最初に「誰の」「どの瞬間」をターゲットにするかをズバッと決めるプロセスがあるのですが、今回はテーマと時間の都合でそれをすっ飛ばしていました。
参加メンバーから「次回はビザスクなど使用して専門家へのインタビューをし、課題の設定からやってもいいね。2Daysで。」というコメントもあり心強かったです。

その他オンラインWS特有のあれこれ

その他にオンラインワークショップ特有の話もいくつか。

まず、miroは便利だけど、ログインの障壁やユーザーの習熟度が結構壁になるので無理に使用せずに、Googleスライドなど慣れたツールを使用したほうが良いかもという意見は多く聞かれました。あと無理にデジタル化するより紙とペンでできることは、そのまま紙とペンで良さそうです。反面、オンライン・デジタルならではのやり方も探りたいところ。

また、「オンラインだと他人の意見にのっかるのが難しい。クレイジー8の内容をみんなで一度共有して、もう一回発散させても良いのでは?」という意見がありました。これは面白いし理にかなってますよね。次回試してみたいです。

あとBGM大事です笑

おわりに

色々と課題もあったのですが、みんなで企画段階からワイワイ楽しく進めることができてやってよかったなぁと感じています。
準備すること自体が自分自身の勉強にもなりますし、ワークショップ中の鋭い指摘も大きな学びになります。
ステイホームな時期はもう少しで終わりそうですが、リアルな場であつまる事はまだまだ難しそうなので、オンラインでできること、オンラインならではの事を今後も継続していければと考えています。

Xデザイン学校大阪分校マスターコース 振り返り会

3/7にXデザイン学校大阪分校のマスターコースの振り返り会を行いました。
当初はコロナ騒動で延期になったXデザイン学校の説明会の日にみんなで集まって、、という話で進んでいたものの、さらに事態が変わりオンラインでの開催にと、二転三転しながら、なかなかに充実したものに。

他のチームの経過や、どんなことを考えていたのか知ることもでき、非常に勉強になった。ご協力いただいた佐藤さん、一緒に振り返ったみなさんありがとうございました。

われらのチームの振り返り内容

1年どんなことをやってきたかの「思い出し」を行ったあとにおなじみのKPT法で振り返りを実施。下記のような結果に。

今後も継続したいこと(Keep)

  1. ビジョンを大きく設定したこと。
  2. UXDの手法が身体化できた。
  3. 失敗を恐れずにアクションを起こせたこと。

1については、「ビジョンは大きく」と指摘を何度かうけていて、いまひとつシックリ来なかったのだけど、最終的に『みんなで作ってみんなで食べる世界をつくる』みたいなビジョンを掲げてみると、そこに至るまでにどういうサービスを展開すべきか、という視点で考えることができる。これを体験できたのは良かった。

2の「UXDの手法が身体化できた」については、今回試行錯誤するなかでUXDの手法を自分たちで選んで使っていったので、何を目的としたツールなのかの理解が進んだ。
構造化シナリオなど昨年は「なんでこんなことすんねやろ?」だったのが、アイデアを分解して評価することで、効果的な意思決定をサポートすることはもちろん、アイデアから属人性を剥がす効果があることもわかった。

改善が必要だと感じたこと(Problem)

  1. リーダーや進行役不在
  2. 仮設をしっかりと立てずに中途半端な状態で、評価・意見を求めたこと。
  3. うまくいかないと、別の事をやろうとしてしまう。

1.については、リーダー不在で意思決定が遅い決められない、あーだこーだ言ってる間に時間が過ぎてしまった、、という反省。
で、そのフワッとした状態で佐藤さんに助言を求めてしまうために、、2.のようになる。
佐藤さんからのアドバイスとして「誰でもいいからチーム内で意思決定者を決めてしまう、その意思決定者が優秀である必要はない。だって実際の会社も、、ねぇw」というのは確かになぁwと思う。
3.についてはKeepの2がない状態だと陥りがちでうまく行かない理由を「やり方が悪い」としてしまう事が多かった。「なぜ、それをするのか」を明確にしてから行動をしなければいけない。

今後取り組みたいこと(Try)

  1. 評価・意見を引き出すために仮設ベースでも一旦形にする。
  2. 役割を決めることでスピードアップ
  3. UXの手法の身体化をすすめるための自主練。

KとPの内容が答えになっているのだけど、テクニカルな面ではこの3点。
あとは、人はどんなときどんなことが嬉しいのかを、常に続ける事だと思う。

オンラインでの振り返り会について

今回オンラインで振り返り会を行った感想も簡単に。振り返りのような手法や段取りが確立されているものであれば、あまりオフラインと変わらない。
段取りをキッチリせざるを得ないので、オフラインよりスムーズな部分もある。事前の準備がちょい大変なところはあるけど、移動するコストと比べると、大した手間ではないし回を重ねればゼロに近づく。

コツとしては、フリートークにしない、発言順を予め決めておく、ってのがわりと重要かなと感じた。
フリートークにすると、話すのが楽しくなってしまって、最終的に何を言ってるかわからなくなるw
意見集約の段取り(KPTとか)を決めておくと、ある程度解決できる。これは小さな声を拾うためにも重要。
また「誰から話しますか・・・」的な虚無な時間がオフラインだと発生しがちなので、それを防ぐのに発言順を決めておくのは有効。
まぁ、、どっちもオフラインでも重要だけどね。

今後

新コロ騒動で今年度のXデザイン学校大阪分校は開講が延期に。引き続き参加しようと思っているけど、並行してUXデザインの手法を身体化するためにUXDワークショップとか草の根活動的にやっていきたいなと思っている。
もうちょい暖かくなったら考えよう。

Xデザイン学校 マスターコース 9回目

今日は2020年最初のXデザイン学校。
来週のプレゼンに向けて、なんとかサービスの概要はできたと思う。

 個人的には、ずっと悩んでいたアイデアの評価の仕方について、ある程度手応えを得ることができたのが良かった。

前回はインタビューの結果をKA法で整理して価値マップを作り注目すべき価値を設定。その後のアイデア出しの後で躓いたので、年明けに皆で集まった際に、構造化シナリオ(バリューシナリオ、アクティビティシナリオ)の形式で体験価値やユーザーの行為を整理したのだけど、これが思った以上に自分たちの考えていることの整理につながってよかった。

“Xデザイン学校 マスターコース 9回目” の続きを読む

Xデザイン学校 マスターコース 6.5回目(自主練)

先週はうっかり家族旅行の予定をいれてしまい参加できなかったXデザイン学校。進捗を共有してもらいつつ、直近で行ったインタビューの分析を別日に行いました。

立場の異なる人達が同じ目線でモノゴトを考える

内容としては、インタビューの内容をKAカードにまとめて価値マップを作成する、といったUXワークショップおなじみの手法。これまでの活動で、ある程度ビジネスモデルやターゲットを絞れていたこと、インタビュー設計をこれまでより丁寧に行ったためか、これまでよりも手応えを感じることができました。

UXDやデザイン思考とよばれるものは単なる課題発見やアイデア出しの手法ではなく、異なる領域のプロフェッショナルや立場の異なる人達が同じ目線でモノゴトを考えることができる、というところに価値があると考えています。

今回の短いインタビューの分析においても、同じ事象に対して、メンバーそれぞれが異なるユーザーの声や価値を感じていたのですが、KAカードで視覚化することで「違っている事」「共通している事」をメンバー間で把握することができ、スムーズに抽象化に進めることが出来ました。 “Xデザイン学校 マスターコース 6.5回目(自主練)” の続きを読む

Xデザイン学校 マスターコース 5回目

8/3(土)はXデザイン学校。今回は大手食品メーカーへの新規事業提案の中間報告を行いました。
僕たちのチームは大手食品メーカーがマンションデベロッパーとが協業して行う、マンションと一体化した食事・洗濯・掃除などの家事代行サービスを提案しました。
共働き世帯の増加や、複業・副業の増加とそれに伴う学び直しの必要性の高まりなどを考えると、一定の需要はありそうだと感じていましたが「弊社がやるよりも、マンションデベロッパー様が単独でやったほうが良いのでは?」という虎、、じゃなくてメーカーご担当者様のコメントで、今回もノーマネーでフィニッシュ。
とはいえ、まだ中間報告の段階ですので最終提案に向けて、何度も練り直しをすすめたいと思います。

今回の提案内容はコアになる部分が「マンションデベロッパーと組むのも有り」「東京の、子あり共働き世帯では家事代行を普通に使ってる」といった講師の佐藤さんのアドバイスに基づくものだったため、当初、個人的にはこの方向で進める事にあまり乗り気ではありませんでした。
それを、チームメイトに相談したところ、全員が同じような事は感じてはいることが確認でき、その上で「発表目前までテーマを詰め切れなかった自分たちの力不足、中間発表に向けてまずはサービスの内容を詰めよう」「アドバイスをサービスの落とし込めるかは自分たち次第」という方針を確認しあいました。
そういった経緯がありつつ望んだ今回ですが、やってみると予想以上に得るものがありました。

“Xデザイン学校 マスターコース 5回目” の続きを読む

Xデザイン学校 マスターコース 4回目

先週末のXデザイン学校では、現状考えている新規事業の概要を発表しました。

来週の某大手食品メーカーさんへの中間報告で撃沈する予定だったところを、前倒しで撃沈できたのは良かったのですが、、冷静に考えるとかなり失礼な計画をしていたので、今回の一番大きな反省はそこだと思っています。
自分は昔からそういうリスペクトが足りない。

課題の小ささをどうするか

指摘のひとつは課題の小ささ。(浅い事と狭いこと両面を含む、小さい、だったと理解。)
解決しようとしていることが「我慢や少しの工夫でなんとかなってしまっている程度の事」という指摘。10年後に「あぁ、あのサービスがあってよかった」と思ってもらえるか。

小さい課題を解決するお仕事というのは世の中に沢山あるので、言葉だけを捉えると釈然としないところもないわけではないが、そもそもは今回の課題の趣旨や規模感にマッチしているかどうか、ということだと思っている。大手の食品メーカーが、新規事業として取り組むべきか、リソースを掛けるべきか。(影響力のある市場における製品のバリエーション企画がテーマではない。)

課題の質については前々から悩んでいたところで、そもそも当事者でもない人間が、強い痛みを発見して共感し、解決しようとできるんだろうか?など。
最近直接お話を伺った会社の方々も自分自身(もしくは身近にいる人間)の体験からそれを解決しようと、強い意思で、事業に取り組んでいらっしゃる感じがしている。まぁ、これは自分が進む方向に関する話なの一旦おいておきます。

また、調査対象と同化すると、小さな課題を実際よりも大きなものに誤認するリスクがあるということが実感できたのは良かった。そら、自分が解決してほしいことなんだから、無意識にその必要性を補強するわな。
と書いたものの、これは一つ前の段落で書いたことと矛盾していそうだが、無理に整理せずにこのままにしておく。

大きい課題とはなんだろう?と考えると、個人の話としては、先日お話を伺ったギフモさんが解決しようとしている嚥下障害や、CAN EATさんの宗教や体質の問題で食べられないものを飲食店と共有する、というのは個人の工夫ではどうしようもなく、かつ人生の充実度に大きな影響を及ぼす、深い課題だと思う。

企業の課題として考えると、昨年テーマとして取り組ませてもらった建築業界や、先日お話を伺った電脳交通さんが取り組むタクシー業界など、社会に不可欠なインフラだが人手不足により事業の存続が困難になるというような状況は、かなり強い課題であり、業界全体が抱えているものなので広い課題になりそう。
あとは佐藤さんが仰っていた健康経営など政策の後押しも強いインセンティブになる。

インテリジェンス(諜報)機関の仕事のほとんどは公開されている情報の収集と分析であるとは、佐藤老師の言葉。
見えないものをどう整理するか、、は一旦置いといて、まずIR情報や、企業の課題に関する公開情報を徹底的にさぐるか、、と講義の翌日、淡路島へ向かう明石海峡大橋の上で思ったのでした。

Xデザイン学校 マスターコース 3回目 カスタマープロブレムの確認

毎月恒例のXデザイン学校へ。
個人的に停滞期に入っており、成長を実感できない笑
昨年とはまた違う苦しみを抱えながらの1日です。

カスタマープロブレムの確認

冒頭に佐藤老師より「幸せの総量を増やすこと」という文脈で、2つのサービスを紹介いただきました。

水平方向型として徳島の「電脳交通」、エコシステム型の例として北海道のサービス付き高齢者向け住宅を紹介していただいたのですが、いずれも自社事業の課題を解決するだけでなく、業界全体や関連する別の事業へ波及することで「幸せの総量を増やす」事につなげているように思えます。

サービス付き高齢者向け住宅の事例は、入居者のQOLを上げるためになにができるかを考え、周辺の事業者を取り込んでエコシステムを構築しているといった事例。生活の環境が変わることで生まれる新たなニーズや課題というのは、MaaS後の世界に通じるものがあると考えながら、興味深く聞きました。

今回のテーマである「カスタマープロブレムの確認」の文脈で考えると、設定した課題が事業者の独りよがりになってないか、ステークホルダーのことが考えられているか、スケールする可能性ががあるだろうか?ということをちゃんと検証し、課題の質を上げましょうね、という事だと理解しました。 “Xデザイン学校 マスターコース 3回目 カスタマープロブレムの確認” の続きを読む

Xデザイン学校 マスターコース 2回目 事業コンセプトの立案

事業コンセプトの立案はちゃんとできなかったが、次回以降進めていくための道筋は見えてきたように思える。

そのサービスが最終的に実現する世界をイメージする

冒頭の講義にて佐藤先生よりお話が。事業コンセプトの立案に際してはサービス開始時だけでなく、サービスが発展したときの画をイメージすべし、とのこと。

テンセントが2014年に作成した、QRコード決済を開始した際のムービーでは、単にキャッシュレスで支払いができるだけでなく、サービスの入口から出口まですべてにWeChatが介在するとこまで想定していた。

立ち上げるサービスで課題が解決されることによって、人々の意識・行動がどう変わるか、そこに対してサービスをどう拡張するか。そこまでイメージしないといけない。

特に今回お題をいただいているのは新規市場に対する新サービスの立案なので、、確かにそこまで考えないと意味がないと、、改めて大変なチャレンジだと感じた。

最終発表時に同じような動画を添えるよう指示があったが、テンセントのムービーはWeChatPayによってどんな世界が実現するのか、どう嬉しいのかが表現されていて非常に参考になる。(とはいえ、QRコードによるテーブル会計ができてなにがそんなに嬉しいのか、、、4年前にこの動画をみて自分が理解できたかとうかというと・・微妙) “Xデザイン学校 マスターコース 2回目 事業コンセプトの立案” の続きを読む

Xデザイン学校 マスターコース 1回目 課題の抽出 その3

前回のグループワークでも、自身の生活を話したところ特殊なケースである言われ、かつその自覚もある笑
自分の生活から食事や調理を考えることに躊躇もあるが、、考えてしまったものは仕方がないので整理のために書き残しておく。
ただ、結論としてはこれをどう掘ってもよい問題提起ができなさそう、というか「ずれてるな・・・」と思ったので。このページを開いたひとは下記を読まなくてもいいと思います笑
“Xデザイン学校 マスターコース 1回目 課題の抽出 その3” の続きを読む

Xデザイン学校 マスターコース 1回目 課題の抽出 その2

前回のブログが反省会で終わってしまっているので、、過去の講義を振り返ったり、新たにインプットしたりしながら、やるべきこととその理由を整理してみた。

まず、ハウス食品さんが変わらないといけない理由としてあげていた、食をとりまく環境の変化は下記の4点。

1. 個(孤)食化
2. 簡便化
3. 食の嗜好の多様化
4. 外部化

これによって現在の中核事業である香辛・調味加工食品事業の商品を扱うシーンが減少、今後もこの傾向は続くと考えられる。同じ理由で、現在の主要顧客接点であるスーパーマーケット自体の売上も減少している。
ただ、現状でもレトルトカレーの強化など手は打っていて縮小幅は抑制できている。
そのため、今回提案すべきは新しいカレー製品ではなく、新しい市場に向けた新しい製品・サービスである。

ここまで整理して、これを顧客目線で考えようとしたときに「あれ?問題はどこにいった??」となった。
少しの間考えて、ああ、僕らはこういった環境の変化を、顧客目線で読みといて問いをたてなければいけないのだと、やっと理解できた(と思う)。

こういった変化はなぜ起きているか?食の変化以前の社会環境や人の心の変化はどうか?
どんな新しい課題が生まれているのか?どんなことに喜びを感じるのか?
それを考えてくいかなければいけない。

冒頭の4つの変化はよく聞くトピックではあるので、公開されている情報から変化の要因を把握できそうである。
ただ、ユーザーが実際にどういった行動をして、どんな気持ちになっているか、まではわからないので、行動観察やインタビューが必要なのだろう。そもそもこの4つにこだわる必要はなさそう。
(直接観察するのは難しそうなので、日記法とインタビューが良いだろうか。)

そうやって発見した課題を解決するために、ハウス食品さんがやるべきことを考えなければならないのだろう。
そのためにはハウス食品が何を提供している会社なのか、企業の理念や信条はなにか?どんなアセットを持っているか理解する必要がある。(佐藤先生がおっしゃっていた「ハウス食品が実は「何業」なのか」という問いかけはこういうことだと考えている。)

こう書いてみると「そんなの当たり前やん」って思ってしまうのだけど、、外化したことで、やるべきことが整理できたように感じる。

前回の講義で全体のスケジュールを立てるよう話があったけど、それ本当に大事だよなぁと思った。
反復も含めて仮で全体スケジュール立てて、解決すべき課題が見えた時点でリスケするって感じかなぁ。。やはり観察〜問題提起のところが一番重要になりそうだ。