孫子 最高の戦略教科書

きっかけを忘れたがどこかで孫子について取り上げられており、そういえば読んだことないな、、と思い購入。
思ったより解説本としての内容が多く、原著をあたるべきだったかな〜と反省。

なお、自分にいちばん刺さったのは孫子の言葉ではなく、チェスのチャンピオンの言葉。敗北や失敗を恐れるな!といった捉え方をされそうだが、そうではないと思う。死なない程度の敗北を自分で見つけないといけないのだ。カスパロフの経歴を考えるとかなり複雑な言葉だと思う。

「自信をつけることと誤りを訂正されることの適切なバランスは、各個人が見つけなければならない。経験から言って”我慢できるうちは負けろ”は優れた原則だ(カスパロフ)」

その他、経営とデザイナーという視点で。

『もし吾が計を聴かば、之れを用いて必ず勝つ。之れに留めん。将、吾が計を聴かざれば、之れを用うるも必ず敗る。之れを去らん。』

一旦雇われてしまえば孫武は国の命運、さらには自分の生死がかかる戦争というプロジェクトに対して責任を負う。そうである以上、どう見ても勝ち目のない戦に対して「何とかしてこい」と命じられる事は是が非でも避けたい。

自身がプロジェクトに関わる際に、こうあるのがもちろん理想である、、と思う。
ただこれは、あくまでこの時代の将軍が政治と軍事の両方に関わっていることを前提としていることに留意すべきだと思う。
現代のビジネスとデザイナーの関係に置き換えると、経営戦略を理解していない状態で「私のデザインに口を出すな」と口にすべきことでは無い、と思う。
海外のデザイナーは経営戦略やビジネス領域について理解したうえでデザインを行うことが一般的と言われるが、日本でデザイナーがより積極的に社会の改題解決に取り組むうえで、必須の要件のように思える。

また、将軍と君主の関係として、孫子の考えの対極として「戦争論」から引用があったが、これも経営とデザインとの関係に通じるところがある。

戦争を政治の意図に完全に合致させ、戦争の手段を完全に政策に調和させるためには、政治と軍の指導者が兼任していないのであれば、残された適当な方法は、位の高い将帥を内閣の一員に迎える以外にはない。それによって内閣は彼の最も重要な決定に関与することができる。

1. ひとりの人間が政治と軍事の最高責任者を兼ねてしまう
2. 政治的決断の場に必ず軍人が加わり合議する

経営者自身がデザインの考え方を持っている、これがスティーブ・ジョブズのアップルだと思う。ただほとんどの会社・行政はそうでは無く、現実的には2のパターンとしてデザイナーが経営レベルで加わる、という形がデザインを経営に取り入れる適切な形となるのだろう。これはよく言われていることだが、孫子の流れで触れるのは新鮮だった。
テクノロジーや医療に関しても同じことが言えると思う。専門的な知見を新たに組織のなかに組み入れる際のあり方、専門職が経営や行政についての最低限の理解は持っておくべきという示唆。

不特定多数でありながら、1対1のコミュニケーションが成り立つ現在、おそらく自分自身は信用や実力によって商売しつつ、他人から向けられる詭道を撃退する知恵も持ち合わせる、そんな二枚腰が必要不可欠なのだ。

孫子では「詭道」がよくでてくる。これは負けたら最後、再戦ナシの一発勝負を前提にしているものである。
逆に、一対一の継続的なコミュニケーションにおいては信頼がベースになることは間違い無い。
ただインターネット/グローバル化の時代は不特定多数かつ匿名性の高いコミュニケーションが多くなるため、詭道的なビジネスがメインになりそうだが、実は逆であるという指摘。スクエア・エニックスの和田洋一元会長のインタビューをひきつつ説明されている。
「記名/個性の時代になり、何に規範を求めるか論点として浮上する」と書かれているが、ビジネスのレベルでは確かにその通りになっている。この流れで「論語と算盤」を読んでみたくなった。
この本は(当たり前だけど)詳しく解説が入っているため自分の頭で抽象化する間も無く、少し物足りない気分に。「論語と算盤」は解説本ではなく原著に近いものを読んでみようと思う。

投稿者: SHUNSUEKE TSUTSUMI

株式会社ナコード代表。 サービスデザインやUXデザインに関する情報を発信中。