Xデザイン学校大阪分校マスターコース 振り返り会

3/7にXデザイン学校大阪分校のマスターコースの振り返り会を行いました。
当初はコロナ騒動で延期になったXデザイン学校の説明会の日にみんなで集まって、、という話で進んでいたものの、さらに事態が変わりオンラインでの開催にと、二転三転しながら、なかなかに充実したものに。

他のチームの経過や、どんなことを考えていたのか知ることもでき、非常に勉強になった。ご協力いただいた佐藤さん、一緒に振り返ったみなさんありがとうございました。

われらのチームの振り返り内容

1年どんなことをやってきたかの「思い出し」を行ったあとにおなじみのKPT法で振り返りを実施。下記のような結果に。

今後も継続したいこと(Keep)

  1. ビジョンを大きく設定したこと。
  2. UXDの手法が身体化できた。
  3. 失敗を恐れずにアクションを起こせたこと。

1については、「ビジョンは大きく」と指摘を何度かうけていて、いまひとつシックリ来なかったのだけど、最終的に『みんなで作ってみんなで食べる世界をつくる』みたいなビジョンを掲げてみると、そこに至るまでにどういうサービスを展開すべきか、という視点で考えることができる。これを体験できたのは良かった。

2の「UXDの手法が身体化できた」については、今回試行錯誤するなかでUXDの手法を自分たちで選んで使っていったので、何を目的としたツールなのかの理解が進んだ。
構造化シナリオなど昨年は「なんでこんなことすんねやろ?」だったのが、アイデアを分解して評価することで、効果的な意思決定をサポートすることはもちろん、アイデアから属人性を剥がす効果があることもわかった。

改善が必要だと感じたこと(Problem)

  1. リーダーや進行役不在
  2. 仮設をしっかりと立てずに中途半端な状態で、評価・意見を求めたこと。
  3. うまくいかないと、別の事をやろうとしてしまう。

1.については、リーダー不在で意思決定が遅い決められない、あーだこーだ言ってる間に時間が過ぎてしまった、、という反省。
で、そのフワッとした状態で佐藤さんに助言を求めてしまうために、、2.のようになる。
佐藤さんからのアドバイスとして「誰でもいいからチーム内で意思決定者を決めてしまう、その意思決定者が優秀である必要はない。だって実際の会社も、、ねぇw」というのは確かになぁwと思う。
3.についてはKeepの2がない状態だと陥りがちでうまく行かない理由を「やり方が悪い」としてしまう事が多かった。「なぜ、それをするのか」を明確にしてから行動をしなければいけない。

今後取り組みたいこと(Try)

  1. 評価・意見を引き出すために仮設ベースでも一旦形にする。
  2. 役割を決めることでスピードアップ
  3. UXの手法の身体化をすすめるための自主練。

KとPの内容が答えになっているのだけど、テクニカルな面ではこの3点。
あとは、人はどんなときどんなことが嬉しいのかを、常に続ける事だと思う。

オンラインでの振り返り会について

今回オンラインで振り返り会を行った感想も簡単に。振り返りのような手法や段取りが確立されているものであれば、あまりオフラインと変わらない。
段取りをキッチリせざるを得ないので、オフラインよりスムーズな部分もある。事前の準備がちょい大変なところはあるけど、移動するコストと比べると、大した手間ではないし回を重ねればゼロに近づく。

コツとしては、フリートークにしない、発言順を予め決めておく、ってのがわりと重要かなと感じた。
フリートークにすると、話すのが楽しくなってしまって、最終的に何を言ってるかわからなくなるw
意見集約の段取り(KPTとか)を決めておくと、ある程度解決できる。これは小さな声を拾うためにも重要。
また「誰から話しますか・・・」的な虚無な時間がオフラインだと発生しがちなので、それを防ぐのに発言順を決めておくのは有効。
まぁ、、どっちもオフラインでも重要だけどね。

今後

新コロ騒動で今年度のXデザイン学校大阪分校は開講が延期に。引き続き参加しようと思っているけど、並行してUXデザインの手法を身体化するためにUXDワークショップとか草の根活動的にやっていきたいなと思っている。
もうちょい暖かくなったら考えよう。