課題をいかにして自分事とするか。

昨日はThe DECKで開催された「新規事業の実現方法 0→1編 ~大企業の新規事業あるあると対応~」に参加してきました。

僕は大企業の人間どころか会社員ですらないのですが、企業で新規事業を担当されている方がどういった事を考え新規事業開発をすすめているのか?ということと、Xデザイン学校で進めている食品メーカーさん新規事業提案の参考にならないかと思い参加しました。 “課題をいかにして自分事とするか。” の続きを読む

Beyond MaaS な時代におけるサービスデザイン

6/10(月)はThe DECKで行われた大阪開催 / テーマは未来のモビリティ / Smartphone and Beyond 2019に参加してきました。

電脳交通の北島さん、静岡県の杉本さん、MaaS tech japanの日高さん、三者三様の面白いお話を聞くことができました。(そしてなんと参加費無料で軽食ビール付きという奇跡!)

お話の中で頻繁に「サービスデザイン」「UX」という言葉が出てきますが、それが上っ面のものではなく「〇〇の事例はUXとしては上手く出来てるけどビジネスの視点がイマイチ」という指摘が出てくるなど、サービスデザインに対する理解が深いと感じました。
特にモデレータを務められた角さんと北島さんが話していた「ベーシックインカム的なサブスクで体験が劣化しないか」というのは興味深かったです。それは考えた事なかったなと。

またMaaSというとUberなどのライドシェアから都市のものというイメージが持ちがちですが、日本においてはマイカーに最適化された地方部が高齢者してマイカーで移動できない人が増えていくという問題にどう対応していくか、という側面もあります。
実はMaasが必要なのは地方部なのだけど地方にはお金が無い・・・みたいな話もでており、日本におけるMaaSはどう進めていくべきなのか、これはなかなか難しい課題だと思います。

MaaSは20年前のインターネットの登場や10年前のスマホのような、人々の行動を大きく変える波だと思います。
(特に初期の)インターネットは物理的に移動しなくても色々な事ができるようになったことで人々の行動が変わっていきましたが、MaaS後の世界では移動にまつわるサービスが最適化されることで人々の行動が変わるはずです。
人の行動が変われば、そこには多くの課題や可能性が生まれます。WWWによる時代の変化よりもフィジカルで生活に密接した変化が起こると思います。
前例が無い課題も多いハズですので、サービスデザインやUXDの考え方が必要になってくる場面も数多くるでしょう。そういった場面で少しでも力になれたら良いなと感じたイベントでした。

Xデザイン学校 マスターコース 3回目 カスタマープロブレムの確認

毎月恒例のXデザイン学校へ。
個人的に停滞期に入っており、成長を実感できない笑
昨年とはまた違う苦しみを抱えながらの1日です。

カスタマープロブレムの確認

冒頭に佐藤老師より「幸せの総量を増やすこと」という文脈で、2つのサービスを紹介いただきました。

水平方向型として徳島の「電脳交通」、エコシステム型の例として北海道のサービス付き高齢者向け住宅を紹介していただいたのですが、いずれも自社事業の課題を解決するだけでなく、業界全体や関連する別の事業へ波及することで「幸せの総量を増やす」事につなげているように思えます。

サービス付き高齢者向け住宅の事例は、入居者のQOLを上げるためになにができるかを考え、周辺の事業者を取り込んでエコシステムを構築しているといった事例。生活の環境が変わることで生まれる新たなニーズや課題というのは、MaaS後の世界に通じるものがあると考えながら、興味深く聞きました。

今回のテーマである「カスタマープロブレムの確認」の文脈で考えると、設定した課題が事業者の独りよがりになってないか、ステークホルダーのことが考えられているか、スケールする可能性ががあるだろうか?ということをちゃんと検証し、課題の質を上げましょうね、という事だと理解しました。 “Xデザイン学校 マスターコース 3回目 カスタマープロブレムの確認” の続きを読む

センスメイキング――本当に重要なものを見極める力

思ってたんとちょっと違っていたけど、読んで良かった。

途中、デザイン思考をこき下ろすパートがあるのだけどそこがめっちゃ面白いwそしてわりと同意。
デザイン思考にしろUXDにしろ正しい(とされる)手順で物事を考えれば良いアイデアやサービスが射出成形されるわけではもちろんなく。
正しい(とされる)手順は不安を払拭してくれるけど、それだけでは核心には迫れないということが、この本を読むとよく分かって勉強になった。というか今日び「手法」を身につければ誰でも良い結果を生める、ってものがどんどん減っている。
“センスメイキング――本当に重要なものを見極める力” の続きを読む

Xデザイン学校 マスターコース 2回目 事業コンセプトの立案

事業コンセプトの立案はちゃんとできなかったが、次回以降進めていくための道筋は見えてきたように思える。

そのサービスが最終的に実現する世界をイメージする

冒頭の講義にて佐藤先生よりお話が。事業コンセプトの立案に際してはサービス開始時だけでなく、サービスが発展したときの画をイメージすべし、とのこと。

テンセントが2014年に作成した、QRコード決済を開始した際のムービーでは、単にキャッシュレスで支払いができるだけでなく、サービスの入口から出口まですべてにWeChatが介在するとこまで想定していた。

立ち上げるサービスで課題が解決されることによって、人々の意識・行動がどう変わるか、そこに対してサービスをどう拡張するか。そこまでイメージしないといけない。

特に今回お題をいただいているのは新規市場に対する新サービスの立案なので、、確かにそこまで考えないと意味がないと、、改めて大変なチャレンジだと感じた。

最終発表時に同じような動画を添えるよう指示があったが、テンセントのムービーはWeChatPayによってどんな世界が実現するのか、どう嬉しいのかが表現されていて非常に参考になる。(とはいえ、QRコードによるテーブル会計ができてなにがそんなに嬉しいのか、、、4年前にこの動画をみて自分が理解できたかとうかというと・・微妙) “Xデザイン学校 マスターコース 2回目 事業コンセプトの立案” の続きを読む

Xデザイン学校 マスターコース 1回目 課題の抽出 その3

前回のグループワークでも、自身の生活を話したところ特殊なケースである言われ、かつその自覚もある笑
自分の生活から食事や調理を考えることに躊躇もあるが、、考えてしまったものは仕方がないので整理のために書き残しておく。
ただ、結論としてはこれをどう掘ってもよい問題提起ができなさそう、というか「ずれてるな・・・」と思ったので。このページを開いたひとは下記を読まなくてもいいと思います笑
“Xデザイン学校 マスターコース 1回目 課題の抽出 その3” の続きを読む

Xデザイン学校 マスターコース 1回目 課題の抽出 その2

前回のブログが反省会で終わってしまっているので、、過去の講義を振り返ったり、新たにインプットしたりしながら、やるべきこととその理由を整理してみた。

まず、ハウス食品さんが変わらないといけない理由としてあげていた、食をとりまく環境の変化は下記の4点。

1. 個(孤)食化
2. 簡便化
3. 食の嗜好の多様化
4. 外部化

これによって現在の中核事業である香辛・調味加工食品事業の商品を扱うシーンが減少、今後もこの傾向は続くと考えられる。同じ理由で、現在の主要顧客接点であるスーパーマーケット自体の売上も減少している。
ただ、現状でもレトルトカレーの強化など手は打っていて縮小幅は抑制できている。
そのため、今回提案すべきは新しいカレー製品ではなく、新しい市場に向けた新しい製品・サービスである。

ここまで整理して、これを顧客目線で考えようとしたときに「あれ?問題はどこにいった??」となった。
少しの間考えて、ああ、僕らはこういった環境の変化を、顧客目線で読みといて問いをたてなければいけないのだと、やっと理解できた(と思う)。

こういった変化はなぜ起きているか?食の変化以前の社会環境や人の心の変化はどうか?
どんな新しい課題が生まれているのか?どんなことに喜びを感じるのか?
それを考えてくいかなければいけない。

冒頭の4つの変化はよく聞くトピックではあるので、公開されている情報から変化の要因を把握できそうである。
ただ、ユーザーが実際にどういった行動をして、どんな気持ちになっているか、まではわからないので、行動観察やインタビューが必要なのだろう。そもそもこの4つにこだわる必要はなさそう。
(直接観察するのは難しそうなので、日記法とインタビューが良いだろうか。)

そうやって発見した課題を解決するために、ハウス食品さんがやるべきことを考えなければならないのだろう。
そのためにはハウス食品が何を提供している会社なのか、企業の理念や信条はなにか?どんなアセットを持っているか理解する必要がある。(佐藤先生がおっしゃっていた「ハウス食品が実は「何業」なのか」という問いかけはこういうことだと考えている。)

こう書いてみると「そんなの当たり前やん」って思ってしまうのだけど、、外化したことで、やるべきことが整理できたように感じる。

前回の講義で全体のスケジュールを立てるよう話があったけど、それ本当に大事だよなぁと思った。
反復も含めて仮で全体スケジュール立てて、解決すべき課題が見えた時点でリスケするって感じかなぁ。。やはり観察〜問題提起のところが一番重要になりそうだ。

Xデザイン学校 マスターコース 1回目 課題の抽出 

初心忘れるべからず。

(画像は「禅マインド ビギナーズ・マインド」より)

昨年のベーシックコースに引き続き、今年はマスターコースでの学びが始まった。

今回は精神的ダメージが少ないな・・・と思っていた矢先、浅野師父より「過去の成功体験に捕らわれている、アンラーンできていない」との指摘をいただいた。

昨年のベーシックコースで学んだこと、今年度の開講までに自分で得た知識、ディレクターとしてのスキル、など手持ちのカードを使ってうまく結果を出したい、という姿勢が見えていたのだと思う。

自分はわかっていない、ということを忘れていた。これは相当恥ずかしいが、新たなスタートにおいてとても的確な指摘をいただけたと思う。(コイツ相当ヤバイぞ、と感じられたのだと思う。)

マスターコースはマスターのためのコースではなく、マスターに近づくためのコースだ。
自分はその山を登り始めた、ということを改めて認識したい。
(いまのところ頂上が見えていないのだけど)

今回の講義について

マスターコースではベーシックコースのワークショップ形式の講義とは異なり、各チームに進行スケジュールや手法がある程度委ねられており、より実戦にちかい形式となる。(この手法で分析しなさい、とかではない。)

今年はハウス食品さんにテーマを頂き、ハウス食品さんの3年後のビジネスを考えていく。

第一回のテーマは「課題の抽出 」。

ハウス食品さんより現状についてオリエンをしていただいたのちに、各チームに別れて課題抽出をした。

良かった点は、製品ではなくユーザーの変化や、食事や調理に何がもとめられているのか?といったことを中心に整理しようとしたこと。あと、一応問いは立てた、、つもり。

悪かった点は、誰でも知ってる現状を整理したにすぎず、また変化する状況にどう対応するか、という方向になってしまっていたこと。(焦点化もできていない。)新しい価値を提示し、ユーザーの行動を変化させる、といった視点が欠けていた。

今後は、食事そのものについて深掘りしユーザーは何が嬉しいのか探り、そこに対してハウス食品さんがどういった形で新しい価値を提供できるか考えてみたいと思う。

(日本の食事だけを見るのではなく、海外の食事についても調べてなければいけないはず)

ただ、本当にそれでいいのだろうか?というモヤモヤ感はある。

何を考えるかを考えないといけない、というのがマスターコースの難しいところ・・・。

佐藤先生からは「ハウス食品が実は「何業」なのか、考えてみてください。」というアドバイスをいただいているので、一度、昨年の講義を振り返りつつ、チームメンバーに相談してみたい。

大阪分校について

昨年よりも明らかに人数が増えていて驚いた。

なんというか、学びの場が発展していく時期に立ちあっていることを嬉しく思った。いつも思うが自分は幸運だ。

ベーシックコースで学び始めた時のように、改めて初心者の状態に戻り、もう一年間学んでみたい思う。

Xデザイン学校 最終回

約半年間通ったXデザイン学校をつい先日修了。

振り返るとアッと言う間だったけれど、浅野先生の教え、チームでの議論、深セン旅行、台湾サービスデザイナーとの交流などありえないくらいに濃密な半年間は、自分の価値観に大きな影響を与えてくれました。

40歳という節目に残りの人生のための素晴らしい準備ができたけど、まだまだ学ぶことは多い。ゆえに来年も引き続きお世話になりたいと思っております。(つまりは留年)

サービス提案は、残念ながらノーマネーでフィニッシュ

最終日ではこれまで検討を重ねてきた新サービスをアクティングアウトとして発表。

年末年始とチームメートであつまって頑張りましたが、結果は残念ながらノーマネーでフィニッシュ。アクティングアウトに関してはユーザーの態度変容や利用状況の変化をクライアントに対して伝えるとう目的がなく、イチから順に「こんなサービスです」という説明になってしまった。

また、サービスの内容をあーだこーだと議論する前に一回アクティングアウトをしていけばよかったとも思うけど、そういう目的をキッチリ持っていなかったから、結果は一緒だったかも、、とも思う。

あと、、深センで見聞きしたことをそのままサービスに反映しようとしてしまったのは、、恥ずかしすぎて赤面もの。浅野先生からUberなどのC2Cサービスで起こっている、これから起こるであろう事についての指摘をうけ、しどろもどろに受答えをしている様子が映像にのこっているらしいがイマスグ消去していただきたいものです笑
兎にも角にも考えが浅く、全くアンラーニングできていない。うーむ。

あと、チームで検討すればするほど、サービスが綺麗にそれっぽくなり、疑問をはさみずらくなるのかも、、ということも感じた。これはまた別の機会にちゃんと振り返りたい。

「豊かさ」「幸せ」とはなんぞやについて考える

とまぁ、発表体はうまくいったとは言い難かったが、それにも増して、マシマシで、本当にこの学校に参加してよかったと思ってる。

一番良かったことは「豊かさ」「幸せ」といったことについて、真剣に考えるようになるきっかけを与えてくれたこと。子供ができてから、ぼんやりとそういうことを考えていたけれど、いまでは1日中ずーっとそんなことを考えている。

なので、講座を通してもっとも悔しかったのは、僕らで考えたサービスでだれがどんな風に幸せになるか、考え抜くことができなかったこと。
この1週間毎日何回か思い出して舌打ちしている。

物事を正しく理解する意欲

翌日に名古屋のUX界隈の方々とトヨタ産業技術記念館へ行った際も話をしたが、IA,UX,サービスデザインと僕が興味を思ってきた界隈の人たちは物事を正しく理解する意欲のようなものを持っていると思う。
僕自身もそういう人間だと思っているし、同じような性質の人は好きだ。

この学校でもそういう人たちと出会って、一緒に真剣に物事を語り合えたのは幸せなことだった。(おじさんなので若いやつに真剣に話をきいてもらえるだけで嬉しいw)

今後もそういった人たちとなにかを成し遂げたいし、身につけた技術や知識で世の中を少しでも良くしたいなぁと思うようになってきた。

自分はなにをすべきか

ここで学んだことを今後のお仕事に活かしたく、なおかつ現在フリーランスで請けているお仕事とは明確に切り離したく思い、昨年末にナコードという会社を設立した。

色々と諸先輩方からのお話を伺いながらよりよいサービスや仕組みを社会に実装してくために、ナコードとしてできることはなんだろう?と考えている。

どうしてもWEBディレクター堤としての経験と組み合わせて考えてしまうのだけど、あれ?それでいいの?と思い直したりという事を繰り返している。

起業にあたって、研究生として参加されている髙橋社長と出会えたことはとても幸運だった。

習慣化・継続することの大切さを、経営者としてなすべきこと、そして筋トレなどw、勝手に経営の師匠として学ばせていただいた。

また事業とは別で、こういった素晴らしい場を維持発展させていくことにも携われればと思ってる。

向かう先はみえた

1~3月はありがたいことに1年で最も忙しい。フィジカル/メンタルともに追い込まれるこの時期、昨年は10年先を考えたときにどちらへ向かうべきか考えあぐねていたのだけど、今年は向かう方向だけは明確に見えている。これは大きな進歩だと思う。

浅野先生、山崎先生、佐藤さん、研究生・ベーシックコースのみなさま本当にありがとうございました。
そして素敵なAチームのみなさま、良い仲間に恵まれて嬉しかったです!

なによりも、今後共よろしくおねがいします。

サービスデザインワークショップ2018:Vol.2 日本ステージ

12月1日・2日と、日台のサービスデザイナー協同のワークショップに参加しました。
深セン旅行と連チャンになってしまった疲れと、なんとなくの行き詰まり感みたいなものがあり、わりと途方にくれているのですが、次の週を始めるために、ひとまず振り返ってみました。

(最初に書いておくと、ブログで振り返ってよかったです。いやー「思考の外化」って最高ですねー!)

ワークショップの内容としては、台湾チームが日本観光するところを、日本チームがシャドーイング(観察)。
台湾人観光客がどんな時に、どんなものに興味を持ち嬉しいのかを発見しサービスの提案につなげるという内容。
9月に京都で行ったXデザイン学校のプログラムと似たような流れだが、今回は特定の人を観察する点で少し違う。

観察

冒頭の講義で「観察の成果は、観察者の力量に左右される」とのありがたいお言葉。
観察の成果は価値マップの品質〜サービスの提案にダイレクトに響くわけですので、日本人チームにかかるプレッシャーが半端ないw

観察中の反省点としては「台湾人特有」ということに拘りすぎた、かもしれない。焦点を絞りすぎた、というか。
これって「台湾人特有」なのか判断する基準がなく戸惑ったのだけど、もっと素直な目線で行動を観察して、あとでフルイにかければよかったね、と今考えるとそう思う。
まぁこの辺のさじ加減は経験かセンスか。

日本人との違いのなさ、ってとこを素直にとらえても良かったかも。日本人と「同じ」ということは、欧米の観光客との明らかな「違い」のはず。
で、ここまで書いて「あれー?日本人とばかり比べてて良いんでしたっけー??」といまさら思ったり。

あと、印象に残っているのが昼食時。
日曜日の京都ってことで、メシ屋はどこもいっぱい。日本男児のメンツにかけて、お店探しに四散するわけですが、、留守番で残った僕に台湾ガールズが「時間ないし、コンビニでいいのに」って笑

で、なんで僕は一番印象に残っているその場面をKAカードに書かなかったかなー?

各国の観光客が望むランチってどんな感じなんやろ?自分も海外でランチ難民になったことが多いので気になったりする。(さんざん迷ったあげく1時間前に見かけた無難な店に入ってしまうこと多々)
京都のお店で解決せずとも、移動のなかでスマートに解決するとかできないかしら?
とか、今更ながらに考えている。

KAカード・価値マップの作成

会場に戻ってからはKAカードと価値マップの作成。
日台共同を意識しすぎてか、KAカードも台湾メンバーに書いてもらったけど、カード作成までは日本メンバーだけでやってしまったほうが良かったなと思う。
この辺はグループワークの進め方をもっと自信をもって提案できるようになりたいなぁと感じる。それに限らず、そろそろ「テクニック」を本格的に学び始めても良いかなぁと思い始めた(あと語学)。

また、この2日間「価値マップ不要論」を盛んにとなえていた私ですが(笑)こうやってブログで振り返ってみると、価値をグルーピングして俯瞰してみる事の意味がなーんとなく見えて来たように思う。
KAカードは素直に作ってしまって良いので、それらの比較や関係性を見ることで、どの価値がもっとも重要なのか、どこに注目すべきなのか、何が京都の価値を支えているか、そんな事が見えてくるかもしれんなぁ〜と、やっと理解できたような気がします。

これはつまりこれまでは「俺だけにしか観察できない特別な価値を見つけてやるぜ」みたいな力みがあったことを認めざるを得ない、まぁなんというか非常に恥ずかしい告白でもあるのですが、それに気づけたって事はこれまでの経験上、きっと大きな成長なんでしょう。

懇親会

ここまでで1日目は終了。
懇親会で色々な方々と交流。この時点で疲れすぎてて、すでにあまり覚えていない。
終盤にハイコンテクスト文化について米田さんと一緒に台湾チームに解説。
周さんは的確に翻訳してくれていたと思うが「ああ、こうやって他国の文化は誤った伝わり方をするのか・・・」と感じていた。
だって「まぁ、僕の言ってることがすべてじゃないけど、そこは察してくれるよね?」とか思いながら話してたしw

UXパターン・サービスの作成

あまりうまくいかなかったUXパターンの作成。
語学やキャラクタ的に議論が深まらなかったという要因はありつつも、前段階でそれぞれの価値の重み付けや関連をちゃんとやれなかったことが響いていたんじゃないかと思う。
個別の行動に着目しすぎて、京都観光全体の価値みたいなものに目が行ってなかった。
まぁそうすると考えられるサービスも、焦点のぼやけたフワフワっとしたものしか出てこないわけですな。

まとめ

Xデザイン学校のチームメイトをはじめ、多方にご迷惑をかけつつ参加したワークショップでしたが、参加して本当によかった。
最終的なアウトプットはうまくいかなかったものの、振り返ってみるとわりと明確に課題は見える。見えるということは安心だ。
冒頭にも書いたが、ブログで振り返ることで見えてきた事が多く、この1週間を考えると、なんださっさとブログ書いちまえばよかったぜ、と思う次第。

最後に、貴重な体験を共有できたAチームの皆様。またどこかで。再见吧!
あと、通訳で多大なご協力をいただいた周さんに感謝申し上げます。非常感谢!